違法スロットで従業員3人逮捕 30台のスロット台を使い午前0時から午前9時ごろまで営業 (21/10/14 17:08)

違法スロット店を摘発、従業員3人が逮捕されました。

 逮捕されたのはいずれも名古屋市中区に住む中村翔容疑者(36)、水谷太樹容疑者(39)、井村伸容疑者(43)の3人です。

 警察によりますと3人は、ことし7月から8月にかけて、従業員として働いていた名古屋市中区錦3丁目の店舗で30台のスロット台を使い、不特定多数の客を相手に賭けをした常習賭博の疑いがもたれています。

 警察は、12日、3人の関係先を捜索し、スロット台や監視用モニターなど合わせて126点を押収。

 店は午前0時から午前9時ごろまで営業していたということです。

 警察は3人の認否を明らかにしていませんが、売上の一部が暴力団の資金源になっていたとみて調べを進めています。

——————
■そのほかの東海地方のニュースは「CBCニュース」にて配信中。
https://hicbc.com/news/?ref=yt

■LINE NEWSでもニュース配信中。友だち登録はこちらから。
https://line.me/R/ti/p/%40oa-cbctv

■東海地方のニュース・速報 配信中
https://twitter.com/cbctv_news