ランスロット・ロイル

ランスロット・ロイル, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1497829 / CC BY SA 3.0

#イギリスの男子短距離走の選手
#イングランドの男子陸上競技選手
#オリンピック陸上競技イギリス代表選手
#イギリスのオリンピック銀メダリスト
#陸上競技のオリンピック金メダリスト
#大英帝国勲章受章者
#ハーロー校出身の人物
#バーネット区出身の人物
#1898年生
#1978年没
ランスロット・ロイル ランスロット・ロイル(Sir Lancelot Carrington Royle、1898年5月31日 – 1978年6月19日)は、イギリスの陸上競技選手。
実業家。
1924年パリオリンピックの銀メダリストである。
ロイルは、1898年、ロンドン郊外のスタンモアで誕生。
父親は有名なクリケット選手のバーノン・ロイルである。
1916年にハーロー校を卒業後、英国陸軍に入隊。
第一次世界大戦ではフランス戦線に参加。
終戦までその地にとどまった。
戦後も陸軍に残留し、ここで持ち前の運動能力を高めていく機会を得た。
ロイルは非常に優れたスプリンターで、ハロルド・エイブラハムスやエリック・リデルといった、映画「炎のランナー」でも描写された当時の有名な選手とも何度も対戦したことがある。
英国陸軍の大会では、1920年、1921年と勝利。
1921年には陸軍で中尉に昇進。
1924年には、パリオリンピックに出場。
4×100mリレーではエイブラハムスと、ウォルター・レンジリー、ウィリアム・ニコルとともに、アメリカに次いで銀メダルを獲得。
ロイルは200mも非常に強い選手であったが、エントリーしなかった。
引退後は、小売業の経営者として活躍した。